AYANO YOKOYAMA

DANCER CHOREOGRAPHER lal banshees in TOKYO

AYANO YOKOYAMA / 横山彰乃


Dancer / Choreographer


Ayano Yokoyama was borned in Nagano, Japan.
She learned modern dance from early childhood.
She was learned contemporary dance and HIPHOP dance.
She has been presenting choreography that collaborate with musician and band since 2006. She has been join a variety of music video and music festival.She also works in other various fields.
She has joined the dance company TOKYO ELECTROCK STAIRS since 2009.
She launched the all-women dance company〈 lal banshees〉 in 2016. She was selected as a finalist for the Toyota Choreography Award for the company’s first piece, and their second was performed at noted venue Theater Tram.
She has developed a unique choreography style based in hip-hop and modern dance techniques, featuring neutral expressions and a deep relationship between sound and movement.
Yokoyama draws on her aesthetic sensitivity for her work, creating her own music and set design.
She embodies a music-focused dance that fancifully isolates mundane moments and brings them back to reality.

--
TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD2016 Finalist
YOKOHAMA DANCE COLLECTION2020 Grand Prix Jury Prize、Porosus camping2020 Prize
KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD2020 Incentive prize


長野山奥で幼少よりモダンダンステクニックを使ったかなり自由な?ダンスを始める。田村尚子師事。
2006年より舞台で振付 / 出演する傍ら、ライブハウスで演奏家やバンド等とパフォーマンスを始め音楽フェスティバル、MV等に出演。09年よりダンスカンパニー [東京ELECTROCK STAIRS] メンバーとして国内外の全作品に出演。ソロでの作品発表の他、MVやライブ振付を行う。2016年女性のみのダンスカンパニー[lal banshees]を立ち上げる。
モダンダンス・ストリートダンステクニックをベースとしながら、囚われず派生し、個人の感覚に着目した独自のムーヴメントを追求。
視覚的要素と聴覚的要素を空間の振付として深い関心を持っているため、生まれ育った自然豊かな風土感覚にインスピレーションを得た感性で、自身で楽曲制作、舞台美術デザインなども行う。現実・非現実、自分の知らない他者・過去・未来を想像し、情景を意識した空間作りと、音との繫がりのある緻密な振付で、性別に囚われない中性的なダンスを創作。
見落として通り過ぎてしまうような現実をファンタジックに切り取り、そして現実に戻す音楽的ダンスを体現する。

--
2021年度セゾン文化財団セゾンフェローI
トヨタコレオグラフィーアワード2016 ファイナリスト
横浜ダンスコレクション2020 グランプリ審査員賞、ポロサス寄付基金camping2020賞
KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD2020 準グランプリ奨励賞

Photo by AYAKO TAKAMATSU

lal banshees



A dance company led by Ayano Yokoyama. The 2016 start.
Announced the second work at Theater Tram in 2018.
She is a danceable and neutral work that emphasizes choreography and techniques that are sung with precise sound by female dancers only.

横山彰乃を中心としたダンスカンパニー。2016年旗揚げ。2018年にシアタートラムにて2作目を発表。敢えて女性の身体だけに絞り、緻密な音との繫がりのある振付と、既存のテクニックを重要視しながら新たな身体感覚の動きを追求した中性的な作品を作っている。

illust by EMI OZAKI

lal banshees

NEWS


▲ Re-creation note

2021.11.10

lal banshees「海底に雪」の再演にあたり、リクリエーションについてぽろぽろ書き残していきます。
作品にまつわること、ダンスにまつわること。

Click ▽

▲ FILM

2021.6.5

2020年7月、たくさんの舞台が中止になった中、空いた劇場でダンス映像作品を撮影しました。
手描きのアニメーションとダンスによる9分間の映像作品。どうぞ、飛ばさずに観て下さい。

Click ▽


△△△SCHEDULE2022

▲ 荒悠平produce series #1 横山彰乃 x 芳垣安洋

音楽×ダンスのセッションは、可能性が試され尽くしたとはまだまだ言えない領域です。
曖昧な実験という意味ではない、実力者同士の即興をお届けします。(荒悠平)

2022.1.22(sat) open 18:15 / start 19:00
Charge|税込2,500円 (+ドリンク代別)
会場|荻窪velvet sun
演出|横山彰乃(Dance) 芳垣安洋(Drums,Percussion)

情報 ▽

すーぱー素敵な企画に参加します。めちゃくちゃ楽しみ!会場で音を浴びましょう。

▲ Spring Forward - Aerowaves Exchange「水溶媒音」

2022.4.28(thu)〜5.1(sun)
Pop-up theatre in sports hall (Eleusis, Greece)

情報 ▽

▲ lal banshees新作公演

2022.12  シアタートラム

△△△

▲ Interview

[Choreographers2021]振付家インタビュー lal banshees「海底に雪」 ▽▽▽▽

[International Dance Film Festival2021]監督インタビュー「GHOSTS AND ALL」 ▽▽▽▽

▲ ARCHIVES

2021.2.23

舞台公演映像の情報検索サイト「JAPAN DIGITAL THEATRE ARCHIVES」にて舞台作品映像が公開されました。

横山彰乃『水溶媒音』(2020)横浜赤レンガ倉庫1号館

出演作品
東京ELECTROCK STAIRS
『長い夜のS.N.F』(2010年)座・高円寺1
『始まりのマーチを待っていた〜Short version〜』(2013年)横浜赤レンガ倉庫1号館
Dance New Air 2016『前と後ろと誰かとえん』(2016年)スパイラルホール

事前予約により早稲田大学演劇博物館でご視聴いただけます(準備中)。

Click ▽

▲ BEER LOVER SITE

2020.5.9(sat)〜

ダンサー・アーティストおすすめのビールを掲載するサイトを作りました!BEER LOVER!!随時更新中

I made a site that dancers and artists introduce their favarite beer.

Click ▽

ご依頼


コンタクトよりお気軽にお問い合わせください。

CHOREOGRAPHY

ミュージックビデオ・映像・舞台等、振付


PERFORMANCE

ソロ・lal banshees


DESIGN / ILLUSUTLATION

https://yokoyamanaa.tumblr.com/